電気通信ラマンレーザーおよび増幅器

IPGによる電気通信のイノベーションにより、ロングホール伝送や超ロングホール伝送の市場が一変しました。IPGのラマンポンプファイバーレーザー技術によって、サービスプロバイダは、リンク内に増幅器やリピーターを必要とせずに、従来の限界であった350kmの距離を上回るDWDMネットワークリンクを実現しました。IPGの増幅器は、その性能が主要システムメーカーに認められて採用されており、多数の製品に組み込めるように設計されています。

これらのレーザーは、OEMシステムに付加したり、それらに内蔵させることができます。 モジュール形式またはラックマウント形式で供給されます。 この新しいポンプソースは、雑音特性を改善し、利得の周波数特性を平坦化し、伝達距離を伸ばすために伝送ファイバーの分布ラマン増幅を利用する先進の高密度波長分割多重(DWDM)システムに最適です。