ラックマウント式レーザー

IPGによる電気通信のイノベーションにより、ロングホール伝送や超ロングホール伝送の市場が一変しました。 IPGのラマンポンプファイバーレーザー技術によって、サービスプロバイダは、リンク内に増幅器やリピーターを必要とせずに、従来の限界であった350kmの距離を上回るDWDMネットワークリンクを実現しました。

これらのレーザーは、OEMシステムに付加したり、それらに内蔵させることができます。 この新しいポンプは、伝送ファイバーの分布ラマン増幅を利用する先進高密度波長分割多重(DWDM)システム、および、リモートエルビウム添加光ファイバー増幅器(EDFA)に最適です。