製造

米国、ドイツ、ロシア、イタリアの製造施設の総床面積は35万平方フィートにおよび、IPGフォトニクスは、最も要求の厳しいOEMやエンドユーザーの性能要求に対して、万全の体制で臨んでいます。

弊社では革新的技術やサプライチェーンをすべて自社で所有しているため、レーザーや増幅器のエコシステムにおける最も重要なコンポーネントである、アクティブファイバーと半導体励起ダイオードの性能やコストや歩留まりをすべて管理している唯一のメーカーとして、他社を凌駕しています。一般に、弊社の高性能レーザーや増幅器に特化している他の主要光学部品を含むIPGのコンポーネントは、IPG製レーザーシステムや増幅器システムのみで入手可能です。

北米と欧州に設置されている弊社所有の材料加工応用研究所、および、米国基盤の弊社電気通信応用研究所によって、特定の用途や製品デモの開発が支援され、レーザーや増幅器の各種応用例に関する開発時間や、製品化までの時間を短縮する上で大きく貢献しています。