先進的な応用

IPGの各研究所では、60名以上のレーザー研究者で構成された経験豊かなグループが、先進高度レーザー技術や増幅器技術の改革を推進し続けています。クリエイティブな革新技術によって、直接弊社のお客様に還元される一方で、弊社自身にも、効率や性能や信頼性に関する新しい基準が制定されることとなります。

原子トラッピングから宇宙通信に至るまで、また、大気風測定から軍事施設の破壊に至るまで、IPGは、他社にはない革命的なレーザーソリューションを提供するために、技術的な障害を打破し続けています。

IPGのレーザー装置と増幅器によって、ライダーや障害物に対する警告、オプチカルポンピング、試験計測、リモートセンシング、コヒーレントレーザーレーダー、干渉分光法、材料物性計測、光ドップラー流速計など、数々の応用法が開拓されてきています。

弊社の製品ファミリの例:

  • UVおよび可視領域(350-800nm)
  • 1ミクロン域 (1020-1120nm)
  • ラマン製品(1200-1530nm)
  • 1.5ミクロン域 (1530-1610nm)
  • 2ミクロン域 (1800-2100nm)

IPGフォトニクスは連続レーザー、パルスレーザー、波長可変レーザー、増幅器、ブロードバンド信号源を提供します。オプションとして、直線偏光(LP)、円偏光(CP)、単一周波数動作(SF)、ブロードバンド操作が挙げられます。
 
弊社は、高出力ファイバーデバイスに関して、どこよりも豊富な経験と知識を有し ています。

コンポーネント試験であれ、純粋な研究であれ、余裕を持っていることが成功の秘訣です。現在、弊社では、特許取得済み技術や占有技術を組み合わせることにより、業界のどの企業よりも、高い電力レベルを提供することが可能です。