IPGフォトニクスは、電気通信用機器の厳しい条件基準を上回る性能特性を有する、高出力産業用マルチラインレーザーを製造しています。弊社のダイオード励起ファイバーレーザーやファイバー伝送ダイレクトダイオードレーザー製品群には、1kW越の シングルモードシステム 最大50 kWの, 低次モード製品 最大25 kWの, Qスイッチレーザー 最大10 kW の, and 直接ダイオードレーザー があります.

IPGの高出力ファイバーレーザーは、すべて、サイズがきわめてコンパクトで、ダイオードの寿命が長く 、メンテナンスフリーで作動し、 他の産業用レーザーよりも高い電力変換効率を有し、どんな出力レベルにおいてもビームプロファイルやビームの広がり角度が一定しているという共通の性質を有しています。

弊社のレーザーは、医用ステントやメモリチップの微細加工から肉厚パイプの深度溶接に至るまで、マイクロエレクトロニック、印刷、自動車、医療機器、造船および航空宇宙産業に応用することができます。

ファイバー伝送レーザーのもっとも革命的な特徴の1つとして、従来型2軸式および多軸式切断機、ロボット、およびスキャニングシステムに簡単に統合できる柔軟性が挙げられます。こうしたコンパクトレーザーは、設置面積を大幅に減少することができるため、旧型のCO2レーザーシステムやYAGレーザーシステムではまったく不可能であった可搬性を実現しました。 IPGダイオードの寿命は10万時間以上と予想されるため、通常の機器寿命中には、ダイオードを交換する必要はありません。